2012年1月6日金曜日

ブエナビスタ 遂に引退、繁殖牝馬になる為故郷に帰る!(2)

ブエナビスタとは、スペイン語で、素晴らしい眺め・絶景という意味、父・スペシャルウイーク・母・ビワハイジの仔として生まれた鹿毛の馬、素晴らしい成績を残せるようにという願いを込めて命名された、鹿毛のサラブレッド、それが、ブエナビスタです。

12月29日・午前11時25分、ブエナビスタは、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地にある、生まれ故郷・ノーザンファームに到着、長い旅を無事に終えて、ブエナビスタは、繁殖牝馬専用厩舎の、母・ビワハイジの隣の馬房に入りました。

「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ブエナビスタは、生まれ故郷・ノーザンファームに帰ったのです。


ブエナビスタは、大きい鹿毛の馬体に、生まれ故郷・北海道の大自然に抱かれながら、育った、美しい鹿毛のサラブレッドです。

1歳の時の、ブエナビスタは、ノーザンファームの放牧場で、戯れながら、走って遣りました。

「ヒヒヒヒヒヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒ~ン」

幼少時代の、ブエナビスタ(当時・ビワハイジの2006)は、大きい声で、大自然の北海道の空に鳴き声を出していました。

「ブルルルルルルル、ブルルルルルルルル!」

ブエナビスタは、幼少時代を想い出しながら、大きい鼻息を鳴らしてやりました。


「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

ブエナビスタは、大きい声でいなないては、北海道の空に吠えていました。


いよいよ、ノーザンファームの放牧場に、ブエナビスタなどが、放牧されて行きます、寒い冬の、北海道も、雪が降った後とあって、雪だらけの銀世界に、ブエナビスタは、「パカッ、パカッ、パカッ。」と、走っては、吐く息を出して、放牧生活に慣れるのです。

今年・1月5日付で、松田博資厩舎から、ブエナビスタの、登録抹消届を、JRAが受理し、抹消されました。

本年から、繁殖牝馬として、ノーザンファームで生活を送ることになっている、ブエナビスタが、いい仔馬を産んでくれるのか、期待したいと想い、願っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿