投稿

オセアニア生まれの馬・エックスピーティー(2)

遂に、競走馬登録をされ、栗東トレーニングセンターの厩舎に入厩した、エックスピーティー(XPT・血統名・モルタデッラの2019)が、調整を開始し、ゲート試験を受けました。

見事に合格し、初の豪州(オーストラリア)生産馬・エックスピーティーのデビュー戦が決まりました。

ファストネットロックを父に持つ、優貴くんの所有馬初の南半球・オーストラリア(豪州)産馬・エックスピーティー(XPT・血統名 モルタデッラの2019・母 モルタデッラ)が、デビュー戦を迎えました。

阪神競馬場のメイクデビュー・阪神(サラ系2・3歳新馬戦の愛称。)のパドックには、外国産馬・6頭も参戦しました。

澤吉会長の所有馬も2頭(内・1頭 外国産馬 ヒサノグレゴリオ・イギリス産馬 初の欧州生産馬、後・1頭は、日本産馬・ヒサノトムラウシ)が、参戦している。

澤吉会長「遂に優貴くんも、オセアニア州生産馬を手にれて、遂にデビューの時が来たね。」

優貴くん「そうですよ、オーストラリアでの競り市で購買した馬ですから、大事に走らせてほしいと想い、願っておりますよ。」

澤吉会長「俺も、前年・オーストラリアに行って、2頭の同国産馬を購買し、ヒサノホバートとタスマニアンクイーンを関東馬として預けているが、2頭とも現役で、競走馬登録を受けた上で活躍しているよ、優貴くんは。」
優貴くん「ぼくはオーストラリア産馬の所有は初めてなので、大切に扱い育てたいですよ。」
澤吉会長「初めてか、オーストラリア産馬の所有は。」
優貴くん「初めてですよ、オーストラリア産馬は、関西馬として、栗東トレーニングセンターの厩舎に預けてあります。」

優貴くん「エックスピーティーよ、初めてのレースだから、しっかりゴールを目指そうね、なあ、エックスピーティーよ。」

モルタデッラの2019「Neyiggei、Owners、Yes、モルタデッラ No2019」

澤吉会長「ヒサノトムラウシ、負けるな、がんばれよ。」

ヒサノイワウメの2019「ヒヒ~ン、負けないわ。」

いよいよ、本馬場に入場した、エックスピーティー(血統名・モルタデッラの2019)は5番のゼッケンをつけているが、もう1頭の外国産馬・ヒサノグレゴリオも2番のゼッケンをつけている、因みにヒサノトムラウシは、6番のゼッケンをつけている。

16頭の内・エックスピーティーなど6頭が外国産馬で、後は日本産馬と…

オセアニア生まれの馬・エックスピーティー

北海道・むかわ町で牧場経営をしている、優貴くんが、遂に、南半球産の馬を購入することになりオーストラリアに飛んだ、澤吉会長自身も前年・オーストラリアに競走馬の買い付けに出かけていて、美浦トレセン所属の関東馬として、2頭のオーストラリア産馬(ヒサノホバート・タスマニアンクイーン)を購買しており、優貴くんもそれに刺激されて、オーストラリア産馬の購買に出ることになったとの事だといいます。

イングリス社・イースターオンラインセールに顔を見せた、優貴くんも、お目当ての馬を確認しては、入札に参加しました。

「Neyggie!」

馬の鳴き声と共に雄叫びを鳴らす馬もいて、興味津々のイースターオンラインセールが、始まりました。

優貴くんは、大きく値段を挙げては、相手方の値を張り上げていました。

遂に優貴くんは、お目当ての馬を競り落としたのです。

セリで馬を購買する事は、北半球のアメリカ合衆国のケンタッキー州・ニューヨーク州でなどで行われる、キーンランド・ファグシティプトンなどの、サラブレッドのセリ市と同じですが、南半球産の馬を購入する事は、優貴くんにとって憧れていたものです。

今回はファストネットロックを父に、モルタデッラを母に持つ牝馬で栗毛のサラブレッドを購買しました。

モルタデッラの2019年産駒(MOLUTA DELLA No2019) の母・モルタデッラ(MOLUTA DELLA)は、現役時代・オーストラリア産馬としてオーストラリアの他、ニュージーランドで競走生活を送り、牝・5歳の時にイギリスに渡航遠征したことがある、クールモア・オーストラリアで、繁殖牝馬入りした後も、多くの産駒を輩出していて、今回のモルタデッラの2019(MOLUTA DELLA)も、クールモア・オーストラリアで生産された馬といえる。

優貴くんは、モルタデッラの2019(MOLUTA DELLA No2019)の競走名をどうするか考えていた、モルタデッラの2019(MOLUTA DELLA)が、輸入されて着地検疫検査を終えた直後に、牧場の厩舎に入ったモルタデッラの2019(MOLUTA DELLA No2019)を見ては、考えた。

そして、モルタデッラの2019の競走名がオーストラリアのニューサウスウェールズ州のシドニー~メルボルン・ブリスベン間などで運行されている、イギリス国鉄のインターシティー125を基…

ALBERT DOCK アルバートドック IN SAB Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場) 2019年~2020年(2)

イメージ
ALBERTDOCK ーSAB- Alvamento Di Besnate
(2018年~2019年の種牡馬シーズンから、イタリア共和国・ベスナーテのAlvamento Di Besnate=ベスナーテ牧場で種牡馬として繋養生活を開始しした、ディープインパクト産駒唯一のイタリア共和国繋養種牡馬・ALBERT DOCK=アルバートドック(イギリス・港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区)
(イタリア共和国で繋養生活を送っている種牡馬では唯一のディープインパクト後継種牡馬・ALBERT DOCK=アルバートドック(イギリス・港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区) )

2018年の1月17日(日本時間・1月18日)に、日本から長い渡航の末、Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)に到着し、着地検査を受けた後、3月から、新種牡馬・アルバートドックとして繋養生活を開始した、ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、美しい鹿毛のサラブレッド・ALBERT DOCK=アルバートドックは、同牧場で行われた、新種牡馬展示会で、イタリア共和国繋養種牡馬として初登場のアルバートドックとあって、ブリーダーの関心を高めていました。

2018年4月から、アルバートドックはSAB Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)の種付け交配に入り、繁殖牝馬を繋養している牧場から種付け交配の申し込みがあり、多くの牝馬に種付け交配を行いました。

2019年・牡 8歳になった、アルバートドックの初年度産駒が、イタリア共和国の競走馬牧場にて相次いで生まれました。





アルバートドックは、父・アルバートドック(SIR・ALBERTDOCK)として、第2の馬生である、種牡馬としての生活をスタートし、順調な滑り出しを見せました。

元号が令和に改元された後の、春~夏にかけての、Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)の種牡馬厩舎。

種付け交配の仕事を終えた、新種牡馬・ALBERT DOCK=アルバートドックなどの、ベスナーテ牧場の繋養種牡馬たちは、放牧場などで、放牧などをこなしては、過ごしていました。

初年度産駒の種付け交配を無事に終えた、アルバートドックは、2019年~2020年の種牡馬シーズンの5月~6月に行われた、1年目産駒の…

ALBERT DOCK アルバートドック IN SAB Alvamento Besnate 2019~2020

イメージ
ALBERT DOCK -SAB- Alvamento Di Besnate (2018年3月からイタリア共和国・ベスナーテの、Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で、種牡馬として繋養生活を送っている、ALBERT DOCK=アルバートドック(イギリス・リバプールにあるウオーターフロント地区) 2019年7月30日に頸椎の骨折による予後不良の為、安楽死の処置が執られた、父・ディープインパクトの後継産駒では唯一のイタリア共和国繋養種牡馬)


ALBERT DOCK「ヒヒ~~~ン!」

ALBERT DOCK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ALBERT DOCK「パカパカッ。」

ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルルル!」

アルバートドックは、ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、北海道・白老町・出身生産馬の鹿毛の男の子のサラブレッド、それがアルバートドックです。

ALBERT DOCK「ヒヒヒヒ~ン、ヒヒヒヒ~ン、ヒヒヒヒ~ン!」


イタリア共和国・ベスナーテにある、Alvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)

ゴールデンドックエーの2012が血統名である、社台コーポレーション・白老ファーム 生産出身馬の鹿毛のサラブレッド、アルバートドック(イギリス・リバプールにあるウオーターフロント地区)は、2018年3月から種牡馬として繋養生活を送っている鹿毛のサラブレッドです。

現役時代・(株)G1レーシングの所有馬として、栗東・松田博資厩舎に預けられ、途中・同厩舎の解散に伴い同じ、栗東・須貝尚介厩舎に1回転厩した流転の持主で、白百合ステークス・七夕賞・小倉大賞典など18戦5勝の成績を残したほか、2着が3回・3着が3回ものこした、アルバートドックは4歳の時の、2016年9月4日・新潟競馬場で行われた、新潟記念で、同じディープインパクトの産駒の1頭・アディインザライフ(人生のとある一日・曲名より。)の2着に敗れたのがラストランとなり、以後・屈腱炎などもとで休養に当てられていましたが、イタリア・ベスナーテのAlvamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)から、2018年~2019年の新種牡馬として、アルバートドックをスタッドインさせてほしいという要請のオファーが馬主の…

Staright Girl ストレイトガール 牝・10歳の繁殖牝馬。(2) 

イメージ

Staright Girl=ストレイトガール 牝・10歳の繁殖牝馬。

イメージ
THE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・英語のページです。)


















Staright Girl「ヒヒ~ン!」
Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Staright Girl「パカッ。」

Staright Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルルッ!」

ストレイトガールとは、イギリス語でまっすぐな少女という意味。

まっすぐな少女の様に大きく成長して欲しいという願いを込めて命名された、可愛い女の子の馬、それが、ストレイトガールです。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒ~ン、ブルルルルルルッ、フ~!」

イギリス・サフォーク州・ニューマーケット。

ここにある、THE NATIONAL STUD(ザ・ナショナルスタッド)があります。

Fuji Kisekiを父に、Never Piriodを母に持つ、2009年3月12日生まれ・岡本牧場(北海道・浦河郡・浦河町)・生産の日本産馬 ストレイトガールは、2017年1月から繁殖牝馬として、ザ・ナショナルスタッドで、繋養生活を送っていて、今年の3月12日(日本時間・3月13日)で、牝・10歳の誕生日を迎えたところである、可愛い鹿毛の牝馬のサラブレッド、それがストレイトガールです。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(Staright Girl)は、牝・2歳~牝・7歳まで、日本の中央競馬で、栗東トレーニングセンターの藤原 英昭厩舎に、廣﨑 玲子氏→廣﨑 利洋氏→廣﨑 利洋HD(株)と3回馬主名義を変更しながら、預託契約を交わし、2016年11月13日付で登録抹消されて引退するまで競走馬として生活を送り31戦11勝の成績を残していて、内・2回、香港スプリントに参戦する為、香港にも遠征し、2戦0勝(3着・1回 9着・1回)の成績を残しました。ヴィクトリアマイルには、2015年(第10回)・2016年(第11回)と、優勝しており、2016年5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、ミッキークイーン・ショウナンパンドラを抑えて優勝、連覇を達成したのが、ラストランレースとなりました。

2016年8月31日・現役引退を発表、同年10月30日・東京競馬場で引退式を行い、多くの競馬ファンに惜しまれつつ、ターフを去りました。

NERO ネロ 種牡馬としての新生活。

イメージ
(アロースタッドで種牡馬として繋養生活を送る、NERO ネロ)

NERO「ヒヒ~ン!」

NERO「ブルルル。」

第5代・ローマ皇帝・ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルーヌスに因む名前の栗毛の男の子の馬で47戦8勝の成績を残し、昨年現役を引退した、ヨハネスブルグとニシノタカラツ゛カの仔馬、NERO=ネロが、本年から、北海道・日高郡・新ひだか町・静内田原498番地の「アロースタッド」で種牡馬として新生活を始めました。

NERO ネロは、現役時代・西山 茂行氏の所有馬として、栗東・森秀行厩舎に所属し、京阪杯・2回優勝するなど、47戦8勝の成績を残した、2011年生まれ・同じ日高郡・新ひだか町・三石にある、本桐牧場生産の栗毛の牡馬で、ニシノタカラツ゛カの2011が血統名のサラブレッドです。


 2月14日・アロースタッドで新種牡馬展示会が行われ、ネロは、父・ネロとして、新種牡馬としてのお披露目をしました。

この日は、馬主の西山 茂行氏が、種牡馬として新繋養生活を送る、NERO ネロにエールを送る為に来ました。

種付け料も、新種牡馬・ネロとしては破格の20万円に設定されているためか、多くのブリーダーたちが、新種牡馬としてお披露目された、NERO ネロに関心を寄せてみていました。

2018年に行われた、カペラステークスで、コパノキッキングの10着に敗れたのがラストランとなり、12月12日付で競走馬生活を抹消された、NERO ネロは、12月13日に所属厩舎の森秀行厩舎(栗東)を後に、種牡馬として帰らぬ旅に出ました。


2018年・牡 8歳の男馬に成長したネロは、この年から種牡馬として、アロースタッドで繋養生活を開始しました。

NERO「ムフ、ムフ、ムフ。」

NERO「ヒヒ~~~~~ン!」

NERO「ブルルルルルルルル。」

ネロは大きく声高いいななきで答えていました。

NERO「プ~~~~~~!」

NERO「ヒヒヒヒ~ン!」

ネロは、大きいオナラの臭いを嗅いでは、フレーメンでいななきました。

NERO「ウ~~~~~~~~!」

NERO「ボトボトボトボトボトボトボトボトボト。」

ネロは大きく緑色の💩(うんち)を落としてやりました。

NERO「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

NERO「バッシャ~~~~~~~~~~~~!」

NERO「ジャ~~~~~~~~~~~~~~~!…