2019年3月31日日曜日

Staright Girl ストレイトガール 牝・10歳の繁殖牝馬。(2) 

2017年1月から、ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)が、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、THE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド イギリス・サフォーク州・ニューマーケット)

Staright Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルッ。」

ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語で、まっすくな少女という意味。)は、大きい鼻声でいななきました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒ~ン!」

Staright Girl「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Staright Girl「バシャ~~~~~~~~~~~!」

Staright Girl「ジャ~~~~~~~~~~!」

ストレイトガールは、大きい緑色のおしっこ(尿)を出してやりました。

ストレイトガールは、雄大な、北海道の大地を想い出しながら、気持ちいいおしっこ(尿)を出してやる馬、それがストレイトガールです。

その為、THE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)のスタッフ達は、おしっこ(尿)の検査の時、ストレイトガールのおしっこ(尿)をバケツに入れては、検査に出していました。

Staright Girl「ヒヒヒヒヒヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、大きく声高いいななきで鳴く馬です。

放牧場にストレイトガールが放牧を始めました。

Staright Girl「ヒヒ~ン!」

Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ストレイトガールは、ニューマーケットの大地を、大きい脚て走っていました。

ストレイトガールは、NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)の放牧場を、走り回っていました。

3月12日(日本時間・3月13日)・ストレイトガールの 10回目のバースデイを迎えました。

繋養先のTHE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)のスタッフが囁くと、ストレイトガールは、「ヒヒヒヒヒ~ン!」といういななきで答えたようです。

2016年12月2日(日本時間・2016年12月3日)・イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールが、日本から、飛行機と馬運車で、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットの、THE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)に繁殖牝馬として繋養生活を送る為渡航してから4年目を迎える、ストレイトガール。

2019年の配合種牡馬も、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)で、2020年には1年目産駒が出産し、2021年の秋には日本へ競走馬として輸入される様で、2022年には中央競馬で競争生活を送るという事で、ストレイトガールを母に持つ逆輸入馬は、今後も増えるとの事です。

2017年1月から、繁殖牝馬として、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのTHE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)で繋養生活を送っている、ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)も、牝・10歳。

今後も、母・ストレイトガール(Staright Girl)として、ストレイトガール(Staright Girl)が、さらなる産駒を産んで輩出していくのか、期待したいと想い、願っております。

ストレイトガール(Staright Girl) 牝・10歳のお誕生日おめでとう。

今後も、繁殖牝馬としていい産駒を産んで輩出して行ってね。

ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)、どうか、お幸せに!


Staright Girl「ヒヒヒヒヒ~ン、ブルルルルルル、フ~!」

(終)




2019年3月30日土曜日

Staright Girl=ストレイトガール 牝・10歳の繁殖牝馬。




THE NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・英語のページです。)


















Staright Girl「ヒヒ~ン!」
Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Staright Girl「パカッ。」

Staright Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルルッ!」

ストレイトガールとは、イギリス語でまっすぐな少女という意味。

まっすぐな少女の様に大きく成長して欲しいという願いを込めて命名された、可愛い女の子の馬、それが、ストレイトガールです。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒ~ン、ブルルルルルルッ、フ~!」

イギリス・サフォーク州・ニューマーケット。

ここにある、THE NATIONAL STUD(ザ・ナショナルスタッド)があります。

Fuji Kisekiを父に、Never Piriodを母に持つ、2009年3月12日生まれ・岡本牧場(北海道・浦河郡・浦河町)・生産の日本産馬 ストレイトガールは、2017年1月から繁殖牝馬として、ザ・ナショナルスタッドで、繋養生活を送っていて、今年の3月12日(日本時間・3月13日)で、牝・10歳の誕生日を迎えたところである、可愛い鹿毛の牝馬のサラブレッド、それがストレイトガールです。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(Staright Girl)は、牝・2歳~牝・7歳まで、日本の中央競馬で、栗東トレーニングセンターの藤原 英昭厩舎に、廣﨑 玲子氏→廣﨑 利洋氏→廣﨑 利洋HD(株)と3回馬主名義を変更しながら、預託契約を交わし、2016年11月13日付で登録抹消されて引退するまで競走馬として生活を送り31戦11勝の成績を残していて、内・2回、香港スプリントに参戦する為、香港にも遠征し、2戦0勝(3着・1回 9着・1回)の成績を残しました。ヴィクトリアマイルには、2015年(第10回)・2016年(第11回)と、優勝しており、2016年5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、ミッキークイーン・ショウナンパンドラを抑えて優勝、連覇を達成したのが、ラストランレースとなりました。

2016年8月31日・現役引退を発表、同年10月30日・東京競馬場で引退式を行い、多くの競馬ファンに惜しまれつつ、ターフを去りました。

ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)は、千葉県・香取市の下河辺牧場・千葉分場での出国検疫検査を受けた後、同県・成田市の新東京国際空港(下総御料牧場の跡地を利用して建設され、1978年(昭和53年)10月に開場した空港。)に馬運車で移動し、同空港発の飛行機で名残惜しい日本を後にしました。


現在・ストレイトガールが繁殖牝馬として繋養生活を送っている、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのTHE NATIONAL STUD(ザ・ナショナルスタッド)には、牝・7歳の時の2016年12月2日(日本時間・2016年12月3日)に、日本から飛行機で渡航し、その後馬運車で移動し到着しました。

その後・着地検疫検査を受けた後、繁殖牝馬厩舎に入厩しました。

ストレイトガール(Staright Girl)は、牝・8歳の時の2017年1月から、繁殖牝馬として、THE NATIONAL STUD(ザ・ナショナルスタッド イギリス・サフォーク州・ニューマーケット)でスタッドインし、繋養生活を送り始めました。

Staright Girl「ヒヒ~ン、ブルルルルルルッ!」
(その2へ。)

2019年3月10日日曜日

NERO ネロ 種牡馬としての新生活。

 (アロースタッドで種牡馬として繋養生活を送る、NERO ネロ)

NERO「ヒヒ~ン!」

NERO「ブルルル。」

第5代・ローマ皇帝・ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルーヌスに因む名前の栗毛の男の子の馬で47戦8勝の成績を残し、昨年現役を引退した、ヨハネスブルグとニシノタカラツ゛カの仔馬、NERO=ネロが、本年から、北海道・日高郡・新ひだか町・静内田原498番地の「アロースタッド」で種牡馬として新生活を始めました。

NERO ネロは、現役時代・西山 茂行氏の所有馬として、栗東・森秀行厩舎に所属し、京阪杯・2回優勝するなど、47戦8勝の成績を残した、2011年生まれ・同じ日高郡・新ひだか町・三石にある、本桐牧場生産の栗毛の牡馬で、ニシノタカラツ゛カの2011が血統名のサラブレッドです。


 2月14日・アロースタッドで新種牡馬展示会が行われ、ネロは、父・ネロとして、新種牡馬としてのお披露目をしました。

この日は、馬主の西山 茂行氏が、種牡馬として新繋養生活を送る、NERO ネロにエールを送る為に来ました。

種付け料も、新種牡馬・ネロとしては破格の20万円に設定されているためか、多くのブリーダーたちが、新種牡馬としてお披露目された、NERO ネロに関心を寄せてみていました。

2018年に行われた、カペラステークスで、コパノキッキングの10着に敗れたのがラストランとなり、12月12日付で競走馬生活を抹消された、NERO ネロは、12月13日に所属厩舎の森秀行厩舎(栗東)を後に、種牡馬として帰らぬ旅に出ました。


2018年・牡 8歳の男馬に成長したネロは、この年から種牡馬として、アロースタッドで繋養生活を開始しました。

NERO「ムフ、ムフ、ムフ。」

NERO「ヒヒ~~~~~ン!」

NERO「ブルルルルルルルル。」

ネロは大きく声高いいななきで答えていました。

NERO「プ~~~~~~!」

NERO「ヒヒヒヒ~ン!」

ネロは、大きいオナラの臭いを嗅いでは、フレーメンでいななきました。

NERO「ウ~~~~~~~~!」

NERO「ボトボトボトボトボトボトボトボトボト。」

ネロは大きく緑色の💩(うんち)を落としてやりました。

NERO「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

NERO「バッシャ~~~~~~~~~~~~!」

NERO「ジャ~~~~~~~~~~~~~~~!」

 ネロは、大きく緑色のおしっこを出してやりました。

ネロは、日高山脈の麓で生を受けた、栗毛の男馬です。

アロースタッドの放牧場にネロが来ました。

NERO「ヒヒ~ン!」

NERO「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ネロは大きな蹄で日高山脈の大地を蹴ってやりました。

NERO「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

NERO「パカッ、パカッ、パカッ。」

NERO「ヒヒ~ン!」
NERO「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

ネロは、日高山脈の空に大きい雄たけびでいななきました。

ネロは、北海道・日高郡・新ひだか町の本桐牧場生産の馬ですが、同じ、北海道・日高郡・新ひだか町のアロースタッドでは2019年から繋養を送っております。

本年から、SIR=NERO(父・ネロ)という、種牡馬として新生活を開始した、栗毛の馬・ネロ、2020年には初年度産駒が生まれる予定になっており、順調に育成されれば2022年には競走馬デビューするとの事で、47戦8勝の成績を残した、ヨハネスブルグを父に、ニシノタカラツ゛カを母に持つ、栗毛の馬・ネロ。

第5代・ローマ皇帝・ネロ・クラウディウス・カエサル・ドルーヌスに因む名前の栗毛の男の子の馬、それがネロです。


NERO「ヒヒ~~~~~~~~~ン、ブルルルルルルル!」

2019年2月24日日曜日

アルバートドック ベスナーテ牧場 2019




ALBERTDOCK「ヒヒ~ン!」

ALBERTDOCK「ブルルルルルルル。」

ALBERTDOCK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ALBERTDOCK「ヒヒ~ン、ブルルルルル。」

イタリア・ベスナーテにある、ベスナーテ牧場。

ここにはディープインパクトを父に、 ゴールデンドックエーを母に持つ、アルバートドックが、2018年から種牡馬として、繋養されております。

ALBERTDOCK「ヒヒ~ン!」

ALBERTDOCK「ブルルルルル!」

2016年まで、日本で競走馬生活を送った、アルバートドック(血統名・ゴールデンドックエーの2012・母 ゴールデンドックエー)も、ディープインパクトの後継産駒の1頭で、G1レーシング(G1サラブレッドクラブ)の所有馬として栗東・松田博資厩舎に所属し、同氏の定年退職後は、同じ栗東の須貝尚介厩舎に移籍して、引退まで活躍して来た、アルバートドックは、2018年1月10日付で競走馬登録を抹消され、その後・出国検疫検査を受けた後、飛行機で、イタリア・ベスナーテへ渡航、空港から、繋養先のベスナーテ牧場は馬運車での移動になり、繋養先のベスナーテ牧場に到着、着地検査を受けた後、同年の4月から繋養生活を開始、現在までに、沢山の牝馬の種付け配合をこなした様です。

本年に入り、3月には、アルバートドックを父に持つ、初年度産駒が生まれる予定になっており、2021年には、アルバートドックの初年度産駒は
相次いで競走馬デビューをする予定になっているとの事です。

アルバートドックは、2019年の種牡馬シーズンの種付け料が4000ユーロになりそうで、再来年の1年目産駒の誕生にむけて、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。


ALBERTDOCK「ヒヒ~ン!」

2018年10月8日月曜日

Staright Girl=ストレイトガール 2018



NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・英語のページ)
2017年1月から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット
ナショナルスタッド(NATIONAL STUD)で繋養生活を送っている、Staright Girl=ストレイトガール

Staright Girl「ヒヒ~ン!」
Staright Girl「ヒヒ~ン!」
Staright Girl「ヒヒヒヒ~ン!」

ストレイトガールとは、イギリス語でまっすぐな少女という意味。

可愛くて、美ししい鹿毛の馬、それがストレイトガールです。

Staright Girl「ヒヒ~~~~~~~~~~~ン!」

Staright Girl「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

イギリス・サフォーク州・ニューマーケット ナショナルスタッド。

Staright Girl「ヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、大きい鼻声でいなないては、過ごしていました。

2017年1月から、ナショナルスタッドで繫殖牝馬として繋養生活を送っている、ストレイトガールは、2016年の12月2日(日本時間・12月3日)に、同スタッドに日本から海を渡ってやってきました。

今年の12月2日(日本時間・12月3日)で、ストレイトガールが繫殖牝馬として繋養生活を送るため、ナショナルスタッドに来て、2年になろうとしています。

この間の2月11日(日本時間・2月12日)に、ストレイトガール初の産駒・ストレイトガールの2018(父・フランケル)を、無事に出産しました。

遅れてきたシンデレラともいわれた、鹿毛の牝馬・ストレイトガールも、2019年の3月12日(日本時間・3月13日)には、牝・10歳の誕生日を迎えるとの事で、今度はアメリカ合衆国に渡り、同国三冠馬・アメリカンファラオとの種付け交配が予定されているとの事で、ストレイトガール(Staright Girl=まっすぐな少女・英)の繫殖牝馬として繋養生活を期待したいと想い、願っております。

Link NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・英語のページ)
https://www.nationalstud.co.uk/





2018年9月26日水曜日

ストレイトガール 牝・9歳 NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット)で繫殖牝馬として繋養生活を送る、鹿毛の牝馬のサラブレッド。





NATIONAL STUD(ナショナルスタッド・英語のページ)





2017年1月から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットの、NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)で繫殖牝馬として繋養生活を送っている、鹿毛のサラブレッド・Staright Girl=ストレイトガール(イギリス語でまっすぐな少女という意味。)



2009年3月12日に、北海道・浦河郡・浦河町の岡本牧場で生産され、2016年の11月13日で競走馬登録を抹消されるまで、31戦11勝の成績を残し、その年の冬に、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのNATIONAL STUD(ナショナルスタッド)に繁殖牝馬として日本から輸入されてやってきた、ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)。

今年もいろいろな生活がありました。

Staright Girl「ヒヒ~ン!」

Staright Girl「ブルルルルルルルルル。」

Staright Girl「ムフ、ムフ。」

Staright Girl「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Staright Girl「バシャ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!」

ストレイトガールは、気持ちいい大きなおしっこ(尿)を、出してやりました。

ストレイトガールは、緑色のおしっこを出してやる馬です。

ナショナルスタッドの放牧場に出された、ストレイトガールは、いい蹄で、ニューマーケットの大地を蹴って走っていました。

Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」
Staright Girl「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Staright Girl「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、声高く大きい声でいなないてやりました。

イギリス語でまっすぐな少女という意味のストレイトガールは、大きな鼻声でいななく馬です。

Staright Girl「プ~~~~~~~~!」
Staright Girl「ヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、大きいおならを嗅ぎながら、声高くいななきました。

ストレイトガールは、父・FUJI KISEKI 母・NEVER PILIODという血統の馬です。

Staright Girl=ストレイトガールの父・FUJI KISEKIは、2015年に惜しくも息を引き取りました。

Shall Farm=シャルファームという、北海道にある牧場には、Staright Girl=ストレイトガールの母・NEVER PILIOD(ネヴァーピリオド)が、現在も繁殖牝馬として繋養生活を送っています。

血統名は、ネヴァーピリオドの2009(NEVER PILIOD2009)です。

Staright Girl「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

ストレイトガールは、NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)の放牧場で、青い牧草・ティモシーをはみながら、大きく成長してやる馬です。

Staright Girl「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

Staright Girl「フ~~~~~~~~~!」

ストレイトガールは、青い牧草・ティモシーの香りのするいいにおいを吹きかけてやりました。
それが、牝の鹿毛のサラブレッド・ストレイトガールです。

2018年3月12日(日本時間・3月13日)・Straight Girl=ストレイトガール(イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の、牝・9歳の誕生日(バースデー)を迎えました。

牝・9歳の鹿毛のサラブレッドに成長した、ストレイトガールは、NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)のスタッフから、お祝いの言葉をかけていました。

Staff=HAPPYBASDAY Dia Staright Girl!
Staright Girl「ヒヒヒヒ~ン、ブルルルルルルル!」

ストレイトガールは、大きい鼻声でいなないてやりました。

Staright Girl「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

ストレイトガールは、大きい青い牧草・ティモシーをはんでやるのが大好きな馬です。

ストレイトガールは、ティモシーをおいしそうにほおばってやりました。

さすが、ストレイトガールです。

ストレイトガールは、雄大な北海道の大地を想い出しながら、美しい鹿毛の馬体と顔を見つめていく馬です。

それが、ストレイトガールです。

Staright Girl「ヒヒ~~~~ン!」

翌日・NATIONAL STUD(ナショナルスタッド)の繁殖牝馬厩舎。

Staright Girl「ヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、大きい声で叫んでいました。

Staright Girl「ウ~~~~~~~~~~!」

Staright Girl「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト!」

ストレイトガールは、大きい緑色のうんこ(うんち)を繁殖牝馬厩舎に落としていました。

ストレイトガールは、大きい緑色のうんちを落としていく馬です、その為・ナショナルスタッドのスタッフたちはストレイトガールのうんこをきれいに掃除しては、敷き草を変えたりしていました。)

2月11日(日本時間・2月12日)に、ストレイトガールを母に持つ、初年度産駒・ストレイトガールの2018(父・FRANKEL=フランケル・世界最強馬)をNATIONAL STUD(ナショナルスタッド)で出産し、母・ストレイトガール(Dam・Staright Girl)となった、かわいい鹿毛の馬で牝・9歳の鹿毛のサラブレッド・ストレイトガール(Staright Girl=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)、2016年10月30日・東京競馬場で行われた引退式から2年、2017年1月から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットのNATIONAL STUD(ナショナルスタッド)で、繁殖牝馬として繋養生活を送っていて、今度はアメリカ合衆国に渡航し同国3冠馬・アメリカンファラオとの、種付け交配をするプランもある、ストレイトガール。

ネヴァーピリオドの2009が血統名の、ストレイトガール(牝・9歳)の繁殖牝馬としてのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。


Staright Girl「ヒヒヒヒ~ン、ブルルルルルルル!」

2018年8月21日火曜日

ALBERT DOCK IN BESNATE(2)


ALBERTDOCK
2018年から新種牡馬としてベスナーテ牧場で繋養生活を送る、ALBERT DOCK(アルバートドック)


ALBERT DOCK(アルバートドック)が種牡馬として導入した時の、ベスナーテ牧場の広告。
ALBERT DOCK「ヒヒ~ン!」

ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ~ン!」
 
ALBERT DOCK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」
ALBERT DOCK「カポ。」

ALBERT DOCK「ブルルルルルルル。」

ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ヒ~ン。」
ALBERT DOCK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ALBERT DOCK「パカッ。」

ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

2018年8月・イタリア・ベスナーテ。

ベスナーテ牧場の、放牧場で、放牧をしていたのは、アルバートドック。

アルバートドックは、ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、鹿毛の男馬、それがアルバートドックです。

ALBERT DOCK「ヒヒ~~~ン、ブルルルルルルル。」

アルバートドック(イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区)は、今年の1月17日(日本時間・1月18日)に、イタリア・ベスナーテのベスナーテ牧場に来たばかりで、3月~4月の種付けシーズンから、新種牡馬として繋養生活を開始しました。

ALBERT DOCK「ウ~~~~~~~~!」
ALBERT DOCK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

アルバートドックは、大きい緑色の💩(うんこ)を落としていました。

ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

アルバートドックは、大きい雄たけびを高く鳴らしました。

ALBERT DOCK「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

ALBERT DOCK「バシャ~~~~~~~~~~~!」
ALBERT DOCK「ジャ~~~~~~~~~~~~~~~!」

アルバートドックは、大きい緑色のおしっこ(尿)を、出してやりました。

アルバートドックは、雄大な、北海道の大地に育まれた、美しい鹿毛の馬です。

競走馬時代・日本で競争生活を送っていて、18戦5勝を挙げた、アルバートドック、リゲルステークスで、北海道・白老郡・白老町 生産馬として出走し 1 1/4馬身差で入ったものの、アメリカ合衆国産馬・ダッシングブレイズ(Dashing Brayz=イギリス語で威勢の良い炎という意味・父 キティンズジョイ・母 ブレイジングクリス・毛色 栗毛・牡・4歳・ケニー L・ラムジー&サラ K・ラムジー夫妻)に敗れ、3着に終わるなど3着が3回も残した、流転の持ち主です。

アルバートドックが、種牡馬厩舎に戻りました。

今年の1月10日付で登録抹消されるまで、栗東・須貝尚介厩舎に所属した、アルバートドックは、G1レーシングの所有馬として、所属し管理されていました。

今年の1月17日(日本時間・1月18日)に、イタリア・ベスナーテ牧場に新種牡馬として渡航されてきまして、繋養生活を開始し、2018年・ベスナーテ牧場の種牡馬展示会にほかの種牡馬と一緒に展示されました。

2018年から、イタリア・ベスナーテ牧場で新種牡馬として繋養生活を開始した、アルバートドック(ALBERT DOCK=イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区)、2019年には待望の初年度産駒が生まれる予定になっており、2021年にはヨーロッパ競馬の第1線で活躍を開始するとのことで、日本で18戦5勝の成績を残した、ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、美しい鹿毛のサラブレッド・アルバートドックが、父・アルバートドックとして、新種牡馬としての第2の馬生を送れるのか、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。


ALBERT DOCK「ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。」