2012年9月25日火曜日

VODKA2012(ウオッカの2012・2)

4月24日に、アイルランド・アガ・カーンスタッド・シェシューンで生まれた、女傑・ウオッカの1年目産駒・VODKA2012(ウオッカの2012)は、鹿毛の牝馬で、アイルランドの牧草に育まれながら、幼年時代を過ごして行く、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、それがVODKA2012です。

ウオッカの2012は、尻尾を振りながら、母・女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりました。

VODKA2012に、別れのときが来ました。

アガ・カーンスタッド・シェシューンで過ごしておりました、母である、女傑・ウオッカが、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに戻ることになりました。

VODKA2012の母、女傑・ウオッカは、次の種付け準備をしなくてはならないため、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに戻るので馬運車に乗って、アガ・カーンスタッド・シェシューンを離れていきました。

VODKA2012は、1頭と、ポツンといました。

VODKA2012「ヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA2012は、大きいいななきを鳴らしては、母・ウオッカを、想い出しておりました。

6月、VODKA2012は、アガ・カーンスタッドの放牧場で、走っておりました。

VODKA2012「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

VODKA2012「ブルルルルル。」

母・ウオッカの姿は見られないが、VODKA2012は、たくましい女の子の馬になりました。

8月・VODKA2012も、鹿毛の牝馬になりました。

母・ウオッカが、現役時代、7馬身差の圧勝を見せましたが、1年目産駒のVODKA2012も、大きくなったら、競走馬として更なる活躍を期待したいと想い、願っているところです。

母・ウオッカの1年目産駒・VODKA2012は、現在も、幼年時代を、アイルランドの、アガ・カーンスタッドで送っておりますが、初年度産駒・VODKA2011(ウオッカの2011)は、いよいよ、競走馬デビューの為に日本に行く予定になっている様で、VODKA2012も、2014年には日本で競走馬デビューする予定の為、アイルランドを離れることになっており、今後・更なる活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)

0 件のコメント:

コメントを投稿