2017年2月26日日曜日

HAT TRICK=ハットトリック 2017 牡・16歳になった青鹿毛の馬 遂に産駒の日本競馬(中央競馬)初勝利を飾る。

http://www.gainesway.comallpns/hat-trick/

2017年・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔である、HAT TRICK= ハットトリックも、牡・16歳。

2007年にシャトル種牡馬としてアメリカに輸入されてから、10年という節目の年も、5000万ドルと減額されての、繋養生活を送る、ハットトリック。

サンデーサイレンスの後継産駒として、アメリカで繋養生活を送る、青鹿毛のサラブレッドです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

アメリカで最大のサラブレッド生産州・ケンタッキー州。

そこの、レキシントン近郊・パリスパイクに、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)があります。

2012年~2013年の種牡馬シーズンから、ゲインズウェイファームで繋養生活を送っている、ハットトリックは、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭で、トリッキーコードを母に持つ、トリッキーコードの2001が血統名の青鹿毛の馬です。

16年前の、2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1番地の追分ファーム・生産の日本産青鹿毛馬でもある、ハットトリック(1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味・英=サッカー用語。)は、現役時代、日本の中央競馬で、21戦8勝の成績を挙げ、最優秀短距離馬(2005年度)にも輝いた、青鹿毛のサラブレッドです。

ハットトリックは、2007年・牡・6歳の時に、シャトル種牡馬として、アメリカに輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファーム(WALMAC FARM LLC)を、拠点として、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ アルゼンチン・エルマリン牧場で、シャトル種牡馬として繋養生活を送り、ダビルシム・ハウグレートなどの産駒を輩出しました。

ハットトリックが、牡・10歳の男馬に成長した、2011年の11月に、2008年の繋養開始以来、長く繋養生活を送った、ウォルマックファーム(WALMAC FARM LLC)を後に、お隣のゲインズウェイファームに移り、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、同ファームで繋養生活を送り、現在に至っております。

Gainesway Farmの種牡馬厩舎には、ハットトリックの他、タピット・タピザーなどの一流繋養種牡馬が、生活しております。

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「 ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ウ~~~~!」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きくて、緑色の💩(うんこ)を落としてやりました。

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト。」

HAT TRICK「ムフ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは大きい雄たけびでいなないては、においをかいでいました。

放牧場にいた、ハットトリックは、カポカポと歩めては、景色を眺めていました。

HAT TRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HAT TRICK「バシャ~~~~~~~!」

HAT TRICK「ジャ~~~~~~~~~~~~!」

ハットトリックは、おおきくて気持ちいいおしっこ(尿)出してやりました。

ゲインズウェイファームの放牧場で、ハットトリックは、大きいおしっこを出してやりました。

ハットトリックは、大きいおしっこを出しながら、気持ちよく牧草の生えた大地で過ごしていく青鹿毛の馬です。

HAT TRICK「ムフ、ムフ、ムフ、ムフ。」

HAT TRICK「ウ~~~~~~!」

HAT TRICK「ボトボトボトボトボトボト。」

ハットトリックは、大きい💩(うんち)を落としてやりました。

HAT TRICK「ブルルルルルル、ブルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息をケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの空に鳴らしてやりました。


ハットトリックは、青い尻尾を、揺らしていました。

HAT TRICK「プ~!」
ハットトリックは、臭いおならを嗅いでいました。

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きい💩(うんち)を、放牧場の大地に落としてやりました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きく声高くいななきました。

ハットトリックは、声高くいななく馬です。

美しくきれいな青鹿毛の馬体を持つ、牡のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

2017年2月12日・京都競馬場で行われた、サラ系3歳未料理戦に、1頭のHAT TRICK=ハットトリック産駒の馬が出走しました。
GOLD HAT=ゴールドハット(黄金の帽子という意味・英)と呼ばれるこの馬は、母がパティーオ―ラ―イという牝馬で、血統名が、パティ―オ―ラ―イの2014との事です。

ゴールドシップの、合同会社小林英一ホールディングスの所有になる、ゴールドハットは、2016年に初来日し、父・ハットトリックが、現役時代にお世話になった、角居勝彦厩舎(栗東)に所属する黒鹿毛の馬で、前走は2着だったが、今回・2着のナオアンドユリ、3着のヤマニンペタラーダを抑えて、1着となり、デビュー2戦目で待望の初勝利を挙げ、父・ハットトリック産駒馬の中央競馬初勝利を挙げるに至りました。

今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・16歳の誕生日を迎える、HAT TRICK=ハットトリック。

今年の種付け料が5000万ドルと設定されており、アメリカに輸入されてから、今年の6月1日(日本時間・6月2日)で、10年を迎えるとのことで、ゴールドハットが勝ち名乗りを挙げたことで、ゲインズウェイファームで繋養生活を送っている、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックも、待望の、日本の中央競馬初勝利を挙げるに至ったのです

イギリス語のサッカー用語で、1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味の、HAT TRICK=ハットトリック。

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm= ゲインズウェイファームで2017年~2018年度の種牡馬シーズンをこなせるのか、期待したいと想い、願っております。
HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

0 件のコメント:

コメントを投稿