ブログ アーカイブ

2015年6月3日水曜日

マイラーチャンピオンホース・ハットトリック・牡・14際の現在も、海外繋養種牡馬として活躍する、青鹿毛のサラブレッド(2)。

ハットトリックとは、1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味。

大きくてたくましい青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、たくましい青鹿毛のサラブレッドです。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ブルルルル。」

現役時代のハットトリックは、東京新聞杯・マイルチャンピオンシップなど、重賞競走も制覇したことある、マイラーチャンピオンホースでした。

2005年12月11日・香港マイルにアサクサデンエンと共に、香港に遠征した、ハットトリック、2着のザデュークを抑えて、遠征先の香港での重賞競走を制覇しました。

香港マイルでの制覇などが買われて、2007年6月には、種牡馬としてスタッドインする為、アメリカに輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場などで、シャトル種牡馬としても繋養生活を送りました。

2011年・牡・10歳になった、ハットトリックは、種付け料も6000ドルに落ち込んでの繋養になっておりましたが、11月初旬・初年度産駒・ダビルシムの活躍などが見られたのを聞きつけてた、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGainesway Farm(ゲインズウェイファーム)が、ハットトリックを、2012年度の新繋養馬として受け入れてほしいというオファーを、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に申し入れたことから、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)も、2008年の繋養開始以来、4年間繋養生活を送った、HAT TRICK=ハットトリックを手放すことになり、11月初旬に、ゲインズウェイファームに、ハットトリックを売却、11月中旬には、2007年に来て以来、長く生活を送って来た、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を退厩、馬運車でお隣のゲインズウェイファームに移動しました。

ハットトリックは、2011年11月中旬・現在の繋養先の、ゲインズウェイファームに、到着し、種牡馬厩舎に入厩、2012年の種牡馬シーズンから同ファームで新繋養生活を開始し、現在も繋養生活を送っております。
(ウォルマックファームで、4年間繋養生活を送った後、ゲインズウェイファームに移籍した、HAT TRICK=ハットトリック)


2015年・ゲインズウェイファーム。

ハットトリックは、2015年~2016年の種牡馬シーズンの繋養を開始しました。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の、放牧場に、ハットトリックが放されると、ハットトリックは、大きい脚を上げて、走り出していきました。

HAT TRICK「ブルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい脚をケンタッキー州の大地に走っていました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味であり、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭である、ハットトリック、8年前に種牡馬として、スタッドインする為、アメリカに輸入されて来た、青鹿毛のサラブレッドで、2012年から、ゲインズウェイファームで新繋養生活を開始しして、現在も、繋養生活を送っている、青鹿毛のサラブレッドです。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

HAT TRICK「ブルルルル。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルルル。」


HAT TRICK「ウーーーーーー」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを落としていました。

ハットトリックは大きくて緑色のうんこを落としていました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン」

ハットトリックは落としたうんこの臭いを嗅いではいなないていました。

HAT TRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HAT TRICK「バシャーーーーーーーーーーーーー!」

ハットトリックは、大きい尿を出していました。

雄大な北海道とは違う土地柄になる、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの放牧地に、大きいおしっこをだし、体を整える、ハットトリックも、ケンタッキー州の牧草にはよく慣れていて、過ごしています。

HAT TRICK「モグモグ、モグモグ。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは、ゲインズウェイファームの放牧場での草を歩めながら、繋養生活を過ごしている、青鹿毛のサラブレッドです。
(その3へ。)

0 件のコメント:

コメントを投稿