2015年9月24日木曜日

HAT TRICK(ハットトリック Gainesway Farm(ゲインズウェイファームで繋養生活を送る、青鹿毛の馬。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)で、種牡馬として、繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)。

アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

イギリス語で、1試合で1選手が、3得点以上を上げることの意味(サッカー用語)であり、2008年から種牡馬として繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)は、サンデーサイレンスとトリッキーコードの子です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」


サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔、HAT TRICK(ハットトリック)は、2007年6月・アメリカ合衆国に、種牡馬として輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点として、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン エルマリン牧場などで、シャトル種牡馬として、繋養生活を送っていました。

その後・2011年11月上旬、牡・10歳の牡馬になった、HAT TRICK(ハットトリック)は、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに売却されました。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)には、2012年~2013年のシーズンから、繋養生活を送っていて、現在も、種牡馬として、生活を送っている、HAT TRICK(ハットトリック)は、現役時代・中央競馬で、21戦8勝の成績を残した、青鹿毛馬でした。


14歳の現在も、種牡馬として、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)で繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)は、現在までに、多くの産駒を輩出されていて、日本にも、毎年1~2頭のペースで、ハットトリックの産駒が、輸入されております。

今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・14歳の誕生日を迎えた、ハットトリック。

来年は牡・15歳という、記念すべき年を迎えようとしており、その時にも、種牡馬として、活躍できるのか、期待したいと想い、願っております。

GAINESWAY FARM





0 件のコメント:

コメントを投稿