2017年6月18日日曜日

女傑・ウオッカ(VODKA)アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンで繁殖牝馬として繋養生活を送る 伝説の少女・2017





(2010年4月から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)で、繁殖牝馬として繋養生活を送っている、伝説の少女 女傑・ウオッカ(VODKA) )

VODKA「カポ、カポ、カポ、カポ。」

VODKA「ブルルルルルルルル。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

ウオッカは、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、2010年3月16に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンに、遠征先のドバイから海を渡ってやって来た、伝説の少女、これが、女傑・ウオッカ。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

2017年5月23日(日本時間・5月24日)

2016年に種付交配を行い、受胎して成功した、第6仔・VODKA2017(父・FRANKEL 通称・VONKELⅡ君)を、無事に出産させたのです。

今年 牝・13歳の伝説の少女、女傑・ウオッカ(VODKA)は、出産が遅かった為、2017年度の種付交配は行わず、2018年度に行うことが明らかにしたとの事です。

女傑・ウオッカも、繁殖牝馬として繋養生活を送っていながら、繁殖生活を一時・休業することになったのです。

6月10日(日本時間・6月11日)AGA KHAN STUD GILLTOWN(アガ・カーン・スタッド ギルタウン)の放牧場に放たれた、女傑・ウオッカ。

VODKA「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA「ブルルルルルルルル。」

女傑・ウオッカは、声高くいなないては、アイルランドの大地を脚で蹴っていました。

VODKA「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

VODKA「バシャ~~、ジャ~!」

女傑・ウオッカは、気持ちいい緑色のおしっこ(尿 
を出してやっては、体を整えていました。

4月4日(日本時間・4月5日)に、牝・13歳の誕生日を迎えた、女傑・ウオッカは、通算成績・26戦10勝の成績を残しており、2008年・2009年の年度代表馬及び最優秀4歳上牝馬にも選出された伝説の少女で、2007年には、特別賞を受賞したほか、2011年には、顕彰馬にも選出された、かわいい鹿毛の馬であり、2010年4月からは、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド ギルタウンで繁殖牝馬として、牝・13歳になった現在も、ヨーロッパ繋養繁殖牝馬として生活中の、女傑・ウオッカは、2018年度に種付交配を再開させる予定にしているとの事で、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

(追記)
2015年に生まれた、女傑・ウオッカの4番仔・VODKA2015(通称・ウオンケル君)ですが、冠名・タニノに、父 世界最強馬・フランケルの仔である事から、タニノフランケル(TANINO FRANKEL)という名前で競走馬登録されることが、決まったとの事です。

0 件のコメント:

コメントを投稿