2014年3月27日木曜日

女傑・ウオッカ 4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・10歳になる。

すっぴんでかわいい鹿毛の馬で、2010年4月から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンにて繁殖牝馬として繋養生活中で、昨年の3月からは、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外のジュモントファーム・バンスデットマナースタッドでも繋養生活を送るようになった、女傑・ウオッカ(VODKA)。

2010年3月4日(日本時間・3月5日)の、ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3 8着を最後に、現役を引退してから4年が過ぎ、繁殖牝馬入りしてから4年を迎え、4月4日(日本時間・4月5日)で10歳の誕生日を迎えようとしている、女傑・ウオッカ(VODKA) 昨年・世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配を行い、受胎していながら流産した、女傑・ウオッカは、今年も世界最強馬・フランケル(FRANKEL)との種付け交配に再度挑戦し、3月15日(日本時間・3月16日)・無事に、受胎しました。

女傑・ウオッカ(VODKA)が、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配を行ったのは昨年に続いて2回目であり、初めてフランケル(FRANKEL)の仔を受胎した、女傑・ウオッカが種付け交配で無事に受胎し、まる10歳の誕生日を迎える日までを追いました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン!」

2014年・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外 ジュモントファーム・バンスデッドマナースタッドのウオッカ。

ウオッカは、たくましくかわいい鹿毛の馬、これが、ウオッカです。

VODKA「ブルルルルルル。」

2004年4月4日・北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)のカントリー牧場(2012年3月31日で、48年間の運営に幕を閉じ解散した。)で、タニノギムレットとタニノシスター(2013年7月30日・老衰のため牝・20歳で死去。)の間に生まれた、女傑・ウオッカは、現役時代・中央競馬で26戦10勝の成績を残し、2010年から繁殖牝馬として、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンのアガ・カーンスタッド・ギルタウンで繋養生活を送っていて、昨年の3月からは、シーザスターズとの間に種付けた、VODKA2013(ウオッカの2013年産駒)を出産するため、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュモントファーム・バンスデッドマナースタッドへきており、現在も繋養生活中です。

女傑・ウオッカは、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにしたほか、2007年に特別賞を受賞、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選出されたほか、2011年には顕彰馬にも選出されました。

これまで、女傑・ウオッカが出産させた、仔馬は、凱旋門賞馬・シーザスターズが父となっており、初年度産駒はVODKA2011で、1年目産駒がVODKA2012、2年目産駒がVODKA2013となって生まれました。

そのうちの1頭・VODKA2011は、すでに、Volare=ボラーレとして競走馬登録されており、今年の3月16日に日本で競走馬デビューを果たしていて、 VODKA2012も昨年初来日していて、来年の競走馬デビューを目指しており、VODKA2013も今年の秋には、日本に輸入されて来日し、競走馬デビューを目指すための訓練を受ける予定になっているとのことです。
(いずれも、栗東・角居勝彦厩舎に所属する予定となっております。)

3月14日(日本時間・3月15日)に、バンスデッドマナースタッドの種付け場に、昨年に続いて、女傑・ウオッカが入り、種付け相手の、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)が来ました。

女傑・ウオッカは、昨年も、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配し、いったんは受胎しましたが流産となっており、今回が2回目の種付けとなりました。

女傑・ウオッカの体に、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)がのしかかりました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン!」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン!」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン!」

女傑・ウオッカの、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)との種付けは、無事に終了しました。

3月15日(日本時間・3月16日)、女傑・ウオッカは、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)の仔を受胎し、無事成功しました。

女傑・ウオッカは、これから、イギリスでのマタニティライフを送り、来年には出産する予定です。

うまくいけば、1歳の時の2016年の秋には、日本へ輸入され、育成された後、2018年には競走馬デビューする予定になっているとのことです。

現在も、ヨーロッパで繁殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカが来月4日(日本時間・5日)には、まる10歳の誕生日を迎えるとのことで、生誕10周年という記念すべき年の本年も、繁殖牝馬としての女傑・ウオッカのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿