2015年8月22日土曜日

ジェンティルドンナ 繁殖牝馬となり、キングカメハメハの仔を受胎する。

ジェンティルドンナとは、イタリア語で貴婦人という意味、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

2015年・ノーザンファーム。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込めらている、鹿毛の女の子のサラブレッドで、ジェンティーの愛称でも知られる、ジェンティルドンナは、この年から、同ファームで、繁殖牝馬として繋養生活を開始しました。

2014年12月28日に中山競馬場で行われた、引退式後、ノーザンファーム・天栄に移動して休養をしていた、ジェンティルドンナは、同ファーム・天栄を後に、馬運車でノーザンファームに移動しました。

途中・青森~函館間は、フェリーでの移動となり、函館港入港後は、国道などを走り、1月5日・繋養先のノーザンファームに到着しました。

馬運車を降りた、ジェンティルドンナは、大きく脚を歩いては、繁殖牝馬厩舎に移動していました。

ジェンティルドンナ「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきで、故郷の空に鳴らしておりました。

繁殖牝馬厩舎の馬房に入った、ジェンティルドンナは、これから、繁殖牝馬としての生活を過ごすことになります。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルル。」

放牧場に、移動した、ジェンティルドンナは、手綱を 外しては、走っていきました。


ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナは、大きい脚で、大地をけっていました。

ジェンティルドンナ「パカッ。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきを鳴らしてやりました。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ジェンティルドンナ「ウ――――――!」

ジェンティルドンナ「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ジェンティルドンナは、大きい緑色のうんこを落としていました。

ジェンティルドンナ「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

ジェンティルドンナ「バッシャ――――!」

ジェンティルドンナは、大きいおしっこをだしてやりました。

ジェンティルドンナは、雄大な北海道の牧草に戻り、たくましく育つ、鹿毛のサラブレッド、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

0 件のコメント:

コメントを投稿