2015年12月25日金曜日

HAT TRICK ハットトリック  GAINESWAY FARM 2015(2)

GAINESWAY FARM
2015年11月19日・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

牡・14歳の、HAT TRICK=ハットトリックは、ゲインズウェイファームにきて数年が過ぎました。

ハットトリックはサンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の、たくましい男馬です。


HAT TRICK「ムフ、ㇺフ、ムフ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル!」

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が、3得点以上を挙げることの意味です。

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の男馬、それが、ハットトリックです。

ハットトリックは、2007年に、種牡馬としてスタッドインするため、アメリカ合衆国に輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ウォルマックファームを拠点に、オーストラリア・アルゼンチンなどで、シャトル種牡馬として繋養生活を送って来ました。

現在の繋養先・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)には、2011年11月にやってきて、2012~2013年の種牡馬シーズンから、ハットトリックは、繋養生活を送っています。

2015年12月19日・HAT TRICK=ハットトリックの仔の1頭で、最新鋭産駒の1頭・HAT PLAY=ハットプレイが、阪神競馬場で行われた、サラ系2歳新馬戦(メイクデビュー・阪神)に出走し、惜しくも敗れはしましたが、無事に、デビューしました。

ライオンレースホース(株)の所有馬で、栗東・森田直行厩舎という新規開業厩舎に所属する、HAT PLAY=ハットプレイと命名された、この馬は、2013年にアメリカ・ケンタッキー州の牧場で、HIDAKA FARMの名義により生産されており、母が、ソレイユレディーで、ソレイユレディーの2013が血統名になっております。

2015年には、初来日し、ジュウジデイファームにて育成されたとのことです。

その後サンダンスFE名張に移動して、育成され、11月19日に新規馬名登録されました。

当初・12月6日のメイクデビュー中京(中京競馬場)でのデビューを予定していた、HAT PLAY)=ハットプレイでしたが、ピリッとせず、見合わせたので、ようやく、阪神競馬場で行われた、メイクデビュー阪神でデビューを果たしました。

毛色は、父・ハットトリック譲りの青鹿毛の男馬で、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

2015年~2016年の種牡馬シーズンも、半分が終わったが、ハットトリックは、2016~2017年の種牡馬シーズンでも大きな活躍を期待している馬です。

明け、牡・15歳の来年、ハットトリックは、2001年の4月26日に、北海道・勇払郡・追分町の追分ファームで、トリッキーコードの2001として生まれてから、15周年という、記念すべき年を迎えようとしており、その年から、2017年の種牡馬シーズンでも、さらなる活躍を期待したいと想い願う馬、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

0 件のコメント:

コメントを投稿