2015年12月25日金曜日

BELIEVE=ビリーヴ アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイの レーンズエンドファームで繁殖牝馬として、繋養生活を送る、女の子のサラブレッド。

BELIEVE=ビリーヴとは、イギリス語で信念という意味、サンデーサイレンスを父に、グレードクリスティーヌを母に持つ、かわいい鹿毛の女の子のサラブレッド、それが、ビリーヴ。


BELIEVE「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」



BELIEVE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

BELIEVE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

BELIEVE「パカッ。」

BELIEVE「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイ。

ここに、レーンズエンドファーム・オークリースタッドがあります。

2004年から、繁殖牝馬として、繋養生活を送っている、ビリーヴがいます。

信念という意味のイギリス語である、ビリーヴは、2003年に現役を引退するまで、競走馬として、中央競馬で送り、最優秀スプリントホースに選出されるなど、競争生活を送りました。

2003年11月20日・飛行機で、長い間、競走馬生活を送った、日本を後に、繁殖牝馬として送るため、アメリカ合衆国にわたりました。

ビリーヴは、長い道のりを走って、レーンズエンドファーム・オークリースタッドに到着しました。

2004年から、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、(株)ノースヒルズ(北海道・新冠郡・新冠町)の名義で、繁殖牝馬として繋養生活を開始し、それまでに、ファリダットをはじめ、多くの馬を出産し、輩出して来ました。

2013年のエリシェヴァ以降は、種付け配合の種牡馬がいないこともあり、休業状態になっております。

牝・18歳のビリーヴは、今日もレーンズエンドファーム・オークリースタッドの繁殖牝馬厩舎で、元気に過ごしていました。

BELIEVE「ブルルルルルルルルルル。」

BELIEVE「ザーザー。」

放牧場に来た、ビリーヴは、ケンタッキー州の空を見ながら、歩めていました。


BELIEVE「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」


BELIEVE「バシャ~~~~!」


ビリーヴは、大きいおしっこを出してやりました。


ビリーヴは、気持ちいいおしっこを出してやるのが、大好きな馬です。


BELIEVE「ウ~~~~!」

BELIEVE「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」


ビリーヴは、尻尾を上げて、大きいうんこを出してやりました。


ビリーヴは、大きくて、緑色の、臭いうんこを出してやるのが大好きな馬です。

ビリーヴは、アメリカ・ケンタッキー州の大地を見ながら、繋養を生活を、送っています。


今年・牝・17歳の大きな牝馬で、2004年からアメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイの、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、繁殖牝馬として繋養生活中のBELIEVE=ビリーヴ、来年・牝18歳になろうとしている、ビリーヴ(信念・英)の、繁殖牝馬としてのさらなる活躍を、期待したいと想い、願っております。







0 件のコメント:

コメントを投稿