2016年6月12日日曜日

SUNDAY BREAK=サンデーブレイク 2

Haras Du Lionで、2015年から繋養生活を送っている、サンデーブレイク。

2002年2月22日(日本時間・2月23日)・サンデーブレイクが、アローーワンス(一般戦)に出走、2着のレイヴンパワー以下を抑えてWIN、デビュー4戦目にして、初の一般戦(アローワンス)を制覇したのです。

その後、2002年3月27日(日本時間・3月28日)に、アケダクト競馬場で行われた、アローワンス(一般戦)に出走させるため、サンデーブレイクは、初のアメリカ合衆国・東海岸のニューヨーク市にやってきて、調整のあと、レースに挑み、断然1番人気に支持された、サンデーブレイクを見ようと、競馬ファンが相次いでアケダクト競馬場に入場し、スタートと同時に走り出した、アローワンス(一般戦)の出走馬たちは、直線コースにきて、サンデーブレイクを先頭に、走らせたのです。

結局・サンデーブレイクは、2着以下を抑えて、少しよれる場面もあり、審議の対象にもなりながら、3勝目のWINを挙げました。

その後・同じアケダクト競馬場で行われた、ウッドメモリアルステークスに出走した、サンデーブレイクは、3着に終わり連勝が止まった。

又、ケンタッキーダービーも、回避してしまった、サンデーブレイクは、最後の3冠競争・ベルモントステークスへの最終切符を賭けた、ピーターパンステークスに挑むため、調整されました。


2002年5月25日(日本時間・5月26日) ニューヨーク市近郊・ヘムステッドにある、ベルモントパーク競馬場で行われた、ピータパンステークスに、サンデーブレイクは参戦し、初重賞制覇を賭けて、出走しました。

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

直線で先頭に立った、サンデーブレイクは、2着のパズルメント以下を抑えて、1着となり勝利しました。

「SUNDAY BREAK SUNDAY BREAK SUNDAY BREAK、PUZZE MENT」

「SUNDAY BREAK WIN!」

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

SUNDAY BREAK=カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。

ニール・ドライスデール「サンデーブレイク、よくやった。」

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン。

ニール・ドライスデール「お前は、北海道・新冠産の馬だ、ベルモントパークのダートコースも、問題なく走れた、さすが、サンデーブレイクだ、やれば出来るんだ、サンデーブレイク。」

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

ニール・ドライスデール「よしいい子だ、サンデーブレイク。」

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン。

サンデーブレイクは、ピーターパンステークスを制覇し、初重賞制覇を果たしました。

ダートコースのレースに出走し、13戦4勝の成績を残し、アメリカンドリームを成功させた、鹿毛の馬・サンデーブレイクも、2003年7月4日(日本時間・7月5日)に行われた、アメリカンハンデ・4着を最後に、サンデーブレイクは、来年・牡6歳の男馬になる事から、馬主の前田 幸治氏との協議の結果、NTRAでの競走馬生活に終止符を打って引退、種牡馬として繋養生活をすることが、決まりました。

繋養先も、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、GAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)に決まりました。

ニール・ドライスデール「サンデーブレイク、引退が決まり、本当に残念であるが、ピーターパンステークスなど、4勝しか挙げられなかったのはショックで、お別れせざるを得ないのは寂しいが、種牡馬として通用できる鹿毛の馬に成長出来るまでになった、なあ、サンデーブレイク。」

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ブルルルルルル。

ニール・ドライスデール「今後、種牡馬として繋養生活を送ることになり、寂しいと想うが、がんばって大きく成長していこう、なあ、サンデーブレイク。」


SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。

ニール・ドライスデール「よしいい子だ、サンデーブレイク、長く調教してくれて、ありがとう、サンデーブレイク。」


SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。


ニール・ドライスデール「元気でね、サンデーブレイク。」


SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

SUNDAY BREAK=ブルルル。

サンデーブレイクは、大きく鋭いいななきで、別れを惜しみました。


NTRAでの競争生活に終止符を打ち、引退した、鹿毛のサラブレッド、サンデーブレイク(SUNDAY BREAK)は、この後・馬運車で、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、GAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)に移動し、長く生活を送ってきた、ニール・ドライスデール厩舎を後にしました。

2004年、ゲインズウェイファームの種牡馬厩舎に、サンデーブレイクが入厩し、春から種牡馬として、スタッドインしました。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

サンデーブレイクの、種牡馬生活が始まります。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

0 件のコメント:

コメントを投稿