2016年6月14日火曜日

SUNDAY BREAK=サンデーブレイク 4



2015年から、Haras Du Lionで、繋養生活を送る、SUNDAY BREAK=サンデーブレイク

フォーティーナイナーと、キャットクイルの仔・SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、2010年に、現在の繋養国・フランス共和国に到着しました、アメリカ合衆国から飛行機で大西洋を横断しながら、渡航して、種牡馬として繋養生活を送る国では 2国目になります。

フランス共和国での、最初の繋養先になる牧場は、Haras De Grandcamp(グランカン牧場)で、2011年~2012年まで繋養生活を、SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、送りました。

その後・SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、2013年~2014年までは、ラ・エヌ―ヴ牧場に移動して、繋養生活を送り、多くの産駒を送りました。

2014年の秋・現在の繋養先 Haras Du Lion(リオン牧場)に移動し、2015年~2016年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送っていて、現在に至っております。

Haras Du Lionの種牡馬厩舎にいる、SUNDAY BREAK=サンデーブレイクも、GAINESWAYFARM(ゲインズウェイファーム)→WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)→Haras De Granndcamp(グランカン牧場)→ラ・エヌ―ヴ牧場と渡り歩き、遂に、現在の繋養先のHaras Du Lion(リオン牧場)にたどり着いたのは、2014年の秋の事です。

SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、2015年の種牡馬シーズンから、Haras Du Lionでの繋養生活をスタートさせ、現在も繋養生活中です。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

SUNDAY BREAK=カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。


SUNDAY BREAK=カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。



SUNDAY BREAK=カポ、カポ、カポカポ。

SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、手綱を離して、走りだしました。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン。

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。
(大きく飛び跳ねては、いななく、サンデーブレイク。)


SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

SUNDAY BREAK=パカッ。



SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。


SUNDAY BREAK=サンデーブレイクは、大きい雄たけびで、いななきながら、北海道・新冠郡・新冠町の大地を想い出していました。

(米国・GⅢ競争・ピーターパンステークス(ベルモントパーク競馬場・NYRA)を制覇した、現役時代の、サンデーブレイク=SUNDAY BREAK)

現役時代・アメリカ・NTRAで競争生活を送り、ニール・ドライスデール調教師のスキンシップがあってこそ、走り続けることができた、フォーティーナイナーと、キャットクイルの仔、SUNDAY BREAK=サンデーブレイク。

日曜日の休憩という意味のイギリス語に由来したネーミングである、サンデーブレイクは、その後、種牡馬としてアメリカで繋養生活を送り、2010年からは、フランスで繋養生活を送るようになり、現在に至っている馬で、北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズマネジメント(→ノースヒルズ)の生産出身馬でありながら、1歳の時に、アメリカ合衆国へ渡航する為、日本を後にした、鹿毛のサラブレッド、サンデーブレイク。

13戦4勝の成績を残した後、種牡馬入りして、アメリカンドリームを成功させた馬、サンデーブレイク、フランス共和国に種牡馬として繋養生活を送っているとはいえ、渡航された、サンデーブレイクも 2016年現在、フランス共和国のリオン牧場で繋養生活を送っている、鹿毛のサラブレッドの1頭で、今後共種牡馬としてさらなる活躍を期待したい。




 


Link Page Haras Du Lion(英語/フランス語のページです。) http://www.harasdulion.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿