2016年6月10日金曜日

SUNDAY BREAK=サンデーブレイク 1

フランス・Haras Du Lionで、2015年~2016年の種牡馬シーズンから、繋養生活を送っている、SUNDAY BREAK=サンデーブレイク

サンデーブレイクは、フォーティーナイナ~と、キャットクイルの仔。

北海道・新冠郡・新冠町の大地が育てた、鹿毛のサラブレッド、それが、SUNDAY BREAK=サンデーブレイク。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。

SUNDAY BREAK=パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

SUNDAY BREAK=パカッ。


SUNDAY BREAK=ヒヒ~~ン、ブルルルルルルル。

日曜日の休憩という意味のイギリス語に由来する、サンデーブレイクが生まれたのは、1999年4月19日・北海道・新冠郡・新冠町のノースヒルズマネジメント(→現・株式会社ノースヒルズ)で、キャットクイルの1999として生まれた馬だが、2000年・1歳の秋に、カリフォルニア州・ニール・ドライスデール調教師の厩舎と預託契約を交わし、競走馬として、NTRAで競争生活送ることになったので、出国検疫検査を受けた上、飛行機で日本を後に、アメリカへ渡航しました。

サンデーブレイクがデビューしたのは、2001年11月25日(日本時間・11月26日)のことで、この時・メイドン・スペシャル・ウエイトに出走し、2着でレースを終えたのです。

2001年12月26日(日本時間・12月27日)に行われた、2戦目の、メイドン・スペシャル・ウエイトでも3着でレースを終え、2戦0勝で3歳(現・2歳)でのレースを終えました。

2002年1月2日(日本時間・1月3日)の、サンタアニタ競馬場、この日・3戦目のメイドン・スペシャル・ウエイト、サンデーブレイクの4歳緒戦になるレース。

ジョッキーで、アメリカ屈指の騎手でもある、G・スティーブンス騎手が騎乗すると、サンデーブレイクはダートコースに入場しました、11戦目と13戦目以外は、ダートコースでの実戦に挑んでいました。

ファンファーレの吹き鳴らしと共に、サンデーブレイクもゲートに入り、完了していきました。

SUNDAY BREAK=パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。

SUNDAY BREAK、WIN!

見事に1着となり、デビュー3戦目にして、初勝利を挙げるに至った、サンデーブレイク。

ニール・ドライスデール調教師=サンデーブレイク。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ブルルルルルルル。

ニール・ドライスデール調教師=サンデーブレイク、おめでとう、初勝利あげてよかったね。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。

サンデーブレイクは、大きい雄たけびで、勝利を挙げました。


厩舎に戻るとき、サンデーブレイクは尻尾を上げました。

SUNDAY BREAK=ウ~~~!

SUNDAY BREAK=ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。

サンデーブレイクは、大きい💩(うんち)を落としていました。

SUNDAY BREAK= ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ㇶヒヒ~ン。

サンデーブレイクは、大きい雄たけびでいななきました。

フォーティーナイナーを父に、キャットクイルを母に持つ、北海道・新冠郡・新冠町生まれの、アメリカンドリームを成功させた鹿毛のサラブレッド、それが、サンデーブレイクです。

SUNDAY BREAK=ヒヒ~~~~ン、ブルルルルルルル。




0 件のコメント:

コメントを投稿