2013年12月11日水曜日

サングレアル 王家の血脈(4)

産地馬体検査を受検と同時に預託契約をかわし、5月1日付けで新規競争馬名登録を受けた、ゼンノロブロイと、ビワハイジの仔・サングレアル(Sang' Real=フランス語で王家の血脈という意味)は、翌日から、調教を開始し、ゲート試験にむけた訓練などを、連日・こなしたりしました。

その後・ゲート試験を受けて合格した、サングレアルは、追い切りでもいいスピードを出しては、仕上がりを見せておりました。

馬房にいた、サングレアルは、疲れも癒しては、過ごしておりました。

サングレアル「ブルルルルルル。」

餌が来ると、サングレアルは大きくはんでいました。

「もぐ、もぐ、もぐ。」

11月29日の、栗東トレーニングセンター。

サングレアルは最終追い切りに出ました。

サングレアル「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サングレアルは、大きい脚で、鋭く走ってやりました。

心地よい汗をかいた、サングレアルは、厩舎に戻り、疲れを癒しました。

砂浴びを終えた、サングレアルは、シャワーを浴びでいました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒ~ン。」

さっぱり浴びた、サングレアルは大きいいななきで、鳴いていました。

馬房に戻り、サングレアルは、いい息を吐きながら、見つめるように過ごしていました。

サングレアル「フーーーーーーー!」

サングレアルは、ゼンノロブロイを父に、ビワハイジを母に持つ、青鹿毛の美しいサラブレッドです。

サングレアル「フーーー!」
(その5へ。)

0 件のコメント:

コメントを投稿