2013年12月12日木曜日

サングレアル 王家の血脈(6)

本馬場に初めて踏み入れた、サングレアルは、大きい脚で、走り出したのです。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

サングレアルと同じゼンノロブロイの産駒になる、ランドオザリールも、サンデーレーシングの所有馬の1頭で、そちらも、走っていました。

スタート地点に来た、サングレアルは、輪のりをあげて、発走を待っていました。

フランス語で王家の血脈という意味のサングレアルも、1番人気に支持されて、初出走を迎えたのです。

サングレアル「カポ、カポ、カポ。」

サングレアル「ブルルルルルル、ブルルルルル。」

ファンファーレと同時に、サングレアルは、ゲートへ誘導されました。

8番ゲートに収まった、サングレアルは、大きい声でいなないていました。

サングレアル「ヒヒ~ン。」

「カッポン」

ゲートが開くと同時に、サングレアルは、スタートを切り、走り始めました。

800メートルの標識を過ぎていて、サングレアルは、進路うかがっていました。

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

直線コースにむいたとき、サングレアルは、一気に伸びて行きました。

サングレアルは、2着馬・アイアムナチュラルをかわして先頭に立ち、そのままゴール板を過ぎました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒ~ン!」

サングレアルは、1着で初勝利を挙げました。

タイムも1分37秒1を記録しました。

サングレアル「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ゼンノロブロイを父に、ビワハイジを母に持つ、サングレアル(フランス語で、王家の血脈という意味。)は、汗をだし、勝利をものにしました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルル。」

サングレアルとは、フランス語で王家の血脈という意味、かわいくて、たくましい体に育ってほしいという願いが込められた、青鹿毛のサラブレッドです。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアルは、大きいいななきで、喜ぶ馬になりました。

大きく、鋭く、かわいいいななきは、サングレアルの元気な証、サングレアルは、雄大な北海道の大地で生まれた、素直な血統馬です。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルル!」

サングレアルは、勝利の花道を歩きながら、口取り式に出ました。

サングレアル「ブルルルルルルルルルル。」

馬主以下が口取り式に出て、記念撮影を行い、無事に終了した、サングレアルは、検査所に行き、検査筒におしっこを出していました。

サングレアルは、検査を終えて、出張厩舎に戻り、過ごした後、馬運車で栗東トレーニングセンターの、松田博資厩舎に戻りました。
(このレースでは、ラテラルアークも参戦しましたが、10着に終わりました、又、1着のサングレアル(フランス語で、王家の血脈という意味。)のジョッキー・岩田康誠(やすなり)騎手は、2着のアイアムナチュラルの進路斜行を直線コースでしたことについて、5万円以下の過怠金(罰金の事を、競馬ではこう呼ぶ。)を課せられたとの事です。)

メイクデビュー・阪神を1着で制覇し、初勝利を挙げた、サングレアル(Sang' Real=フランス語で、王家の血脈という意味・ビワハイジの2011)は、年内はこの1戦で終了し、次走は、年明け・3歳の緒戦になる、「福寿草特別」(京都競馬場)になりそうで、デビューを果たした、サングレアルの更なる活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)

0 件のコメント:

コメントを投稿