ブログ アーカイブ

2018年2月6日火曜日

Albert Dockアルバートドック(イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。) イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で新種牡馬としてスタッドインした、鹿毛のサラブレッド。(2)


(ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、アルバートドック)


アルバートドックは、2018年1月15日まで、出国検疫検査を受けた後、新東京国際空港に移動し、馬運車を降りてストールに積み替えた後、ストールごと、飛行機に積み込まれました。

アルバートドックは、1月16日の夜・新東京国際空港発の飛行機で、名残惜しい日本を後に、繋養先のイタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)にむけて渡航しました。

1月17日(日本時間・1月18日) イタリア共和国・ベスナーテ。

ディープインパクトとゴールデンドックエーの仔・アルバートドックは、長い渡航と道のりを終えて、繋養先のAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)に到着、馬運車を降りました。
アルバートドックは、着地検疫検査を受けた後、種牡馬厩舎に入厩し、Albert Dock(Jpn)と書かれた馬房に入り、疲れを癒しておりました。

入れ替わりに、レックススタッドから、Allavamento Di
 Besnate(ベスナーテ牧場)にて繋養生活を送っていた、もう1頭のディープインパクト産駒・ダノンバラード(Danon Ballade(Jpn)・母・レディーバラード)が、イギリスのBATSFORD STUD(バッツフォート スタッド)に移動して繋養生活を送ることになり、馬運車に載せられて、繋養生活を送った、Allavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)を後にしました。

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

アルバートドックは大きい雄叫びでいななきました。

(イタリア・ベスナーテ牧場での、Albert Dock=アルバートドック。)

(ベスナーテ牧場の、種牡馬厩舎で過ごすアルバートドック。)

アルバートドックが、放牧場に放たれる時が来ました。

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

Albert Dock「ブルルルルルル、ブルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~~~ン、ヒ~ン!」

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Albert Dock「パカッ。」

Albert Dock「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びで、いななきました。


イタリア共和国・ベスナーテに来て、初めて見る空は、北海道・白老郡・白老町の空と比べて、澄んだ空ですが、牧草がアルカリ性の高い牧草になっていて、ちょっと戸惑いそうですが、母・ゴールデンドックエーの産駒では、初のイタリア共和国繋養馬になった、アルバートドックは、新種牡馬として生活を始めたところであり、今後の活躍を期待したい所です。

Albert Dock「ウ~~~~~!」

Albert Dock「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

アルバートドックは大きい緑色のうんち(💩)を落としては過ごしたのです。

Albert Dock「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Albert Dock「バシャ~~~~~~~~!」
Albert Dock「ジャ~~~~~~~!」

アルバートドックは大きい緑色のおしっこ(尿)を出してやりました。

Albert Dock「ブルルルルルルルルルルㇽ。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

アルバートドックは、大きい脚の蹄でイタリア・ベスナーテ牧場の放牧場の大地を蹴ってやりました。

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

アルバートドックは、大きい蹄で、種牡馬厩舎に戻り、馬房に入りました。

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~~~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びでいななきました。

ベスナーテ牧場の種牡馬厩舎に餌が運ばれてくると、アルバートドックなどの種牡馬達は、次々と、大きい雄叫びでいなないては、餌をはみ始めました。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン!」


Albert Dock「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

アルバートドックは、大きい餌をはんでいました。

Albert Dock「プ~~~!」

アルバートドックは、大きいおならの臭いを嗅いでやりました。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びを鳴らしながら、フレーメンをしてやりました。

Albert Dock「ウ~~~~~!」

Albert Dock「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

アルバートドックは、大きい緑色の💩(うんち)を出していました。

Albert Dock「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Albert Dock「バシャ~~~!」

Albert Dock「ジャ~~~~~~~!」

アルバートドックは、大きくて、気持ちいいおしっこ(尿)を出してやりました。

アルバートドックは、大きいおしっこ(尿)を出してやる馬です、遠い北海道・白老郡・白老町の大地を想い出しながら、大きく成長する鹿毛のサラブレッド、それがアルバートドックです。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン。」

アルバートドックは、北海道・白老郡・白老町の大地を想い出しながら、大きい雄叫びでいなないてやる馬です。

アルバートドックは、父・ディープインパクト 母・ゴールデンドックエーです。

アルバートドックの血統名は、ゴールデンドックエーの2012です。

アルバートドックは、北海道・白老郡・白老町の大地で育まれた、大きくてかわいい男の仔の馬、それがアルバートドックです。

牡・3歳の馬に成長してた現役時代のアルバートドックが、リゲルステー
クスに出走した時、1 1/4身の差で入ったのですが、アメリカ合衆国生まれの、ダッシングブレイズ(父・キティンズジョイ 母・ブレイジングクリス)に敗れ、3着に終わるなど、3着が3回入着する成績を残しておりましたが、種牡馬になる為、出国検疫検査を受けて、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)に新種牡馬として、今回・日本から輸入されて来ました。

北海道・白老郡・白老町の生産馬で、本年から、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で新種牡馬としてスタッドインした、アルバートドック(Albert Dock=イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区・父 ディープインパクト 母 ゴールデンドックエー・血統名 ゴールデンドックエーの2012・牡・鹿毛)は、今後・種付交配などの仕事をこなす様で、2019年には、アルバートドックを父に持つ、初年度産駒(アルバートドックⅡ世)の誕生が予定されていて、2021年には、アルバートドックを父に持つ、初年度産駒の競走馬デビューが予定されている様で、イタリア共和国・ベスナーテで、新種牡馬として繋養生活を開始した、アルバートドックの更なる活躍を期待したいと想い、願っております。


Albert Dock「ヒヒ~ン!」

(終)




0 件のコメント:

コメントを投稿