ブログ アーカイブ

2018年2月17日土曜日

MARTINBOROUGH=マーティンボロ フランスで種牡馬として繋養生活を送っている、ディープインパクトの産駒。(2)


Haras De Grandcmap Etalons MARTINBOROUGH

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

マーティンボロは大きい雄叫びでいなないていました。

2017年1月10日まで、出国検疫検査を受けたマーティンボロは、鍋掛牧場(栃木県・那須塩原市・野間)を後に、馬運車で新東京国際空港(千葉県・成田市)へ移動し、馬運車をおりました。

ストールに積み替えられた、マーティンボロは、ストールごと飛行機に積みこまれて行きました。
(この時・墜落による頭部の強打事故防止の為のヘルメットがかけられた状態で飛行機に積み込まれました。)

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロはディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、青鹿毛のサラブレッド、それがマーティンボロ!

MARTINBOROUGH「ヒヒ~~~~ン!」

夜・マーティンボロは、飛行機で、新東京国際空港を離陸、ハルーワソングの2009が血統名である、マーティンボロは、競走馬として生活してきた、名残惜しい日本を後に繋養地・フランス共和国にむかいました。

飛行機の貨物室にストールごとに積み込まれている、マーティンボロは鼻息を鳴らしてました。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロは美しい馬体を持つ、青鹿毛のサラブレッド、それが、マーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいななく青鹿毛のサラブレッド、それがマーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒヒ~ン!」

1月12日(日本時間・1月13日) 朝のフランス共和国の空港。

マーティンボロは、着陸と同時にストールごと飛行機を積み下ろしました。

ストールを出た、マーティンボロは、馬運車に積み込まれて、繋養先の、Haras de Grandcamp(グランカン牧場)にむかいました。

空港を後にした、マーティンボロは、馬運車内で過ごしていました。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル。」

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン。」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいななきました。

1月12日(日本時間・1月13日)・マーティンボロは、繋養先のHaras de Grandcamp (グランカン牧場)に到着、日本から長い渡航の末、馬運車を降りました。

マーティンボロは、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)到着後、着地検査の後、種牡馬厩舎に移動しました。

MARTINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTIINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTINBOROUGH「ブルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロは、大きい鼻息を鳴らしながら、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)の種牡馬厩舎の馬房に入りました。

日本から、長い渡航の末、到着したマーティンボロは、長旅の疲れを癒していました。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン」

マーティンボロは、大きい声でいななきました。

MARTINBOROUGH「ウ~~~~~!」

MARTINBOROUGH「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

マーティンボロは、大きいうんち(💩)を落としてやりました。

翌日・放牧場に出された、マーティンボロは、手綱を離しては、走りだしていました

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

MARTINBOROUGH「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

MARTINBOROUGH「パカッ。」

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル。」

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいなないていました。

MARTINBOROUGH「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

MARTINBOROUGH「バシャ~~~~~~~~~!」

マーティンボロは、大きい尿(おしっこ)を出してやりました。

MARTINBOROUGH「ジャ~~~~~!」

マーティンボロは、緑色の気持ちいいおしっこを出してやる馬、それがマーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

種付の時が来ました。

繁殖牝馬が、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)の、種付場(交配場)に来ると、マーティンボロは、種付の仕事をこなします。

2017年1月にHaras de Grandcamp (グランカン牧場)に来た、マーティンボロにとって、初の種馬の仕事も、並大抵でもなくこなしています。

Haras de Grandcamp(グランカン牧場)でも、マーティンボロの他、アメリカンデヴィル(アメリカ合衆国産馬)を始め、HAT TRICK=ハットトリックのフランスでの代表産駒 DABILSIM=ダビルシムなどの種牡馬達が繋養されている事もあって、多くのブリーダー達が種付けをこなしております。

Haras de Grandcamp(グランカン牧場)に、初めてのディープインパクト産駒として導入された、マーティンボロは、2018年の春に初年度産駒の出産シーズンを迎えるとの事で、順調に育てれば、2020年には、競走馬としてのデビューを迎えるとの事です。

ディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、マーティンボロ、2017年~2018年の種牡馬シーズンから、フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーンのHaras De Grandcmapで種牡馬として繋養生活を送っている、青鹿毛のサラブレッド・マーティンボロ、マーティンボロを父に持つ、初年度産駒が無事に産んで第1号産駒を輩出できるのか、期待したいところです。


MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」



0 件のコメント:

コメントを投稿