ブログ アーカイブ

2018年2月17日土曜日

MARTINBOROUGH マーティンボロ フランスで種牡馬として繋養生活を送っている、ディープインパクトの産駒。



Haras De Grandcamp Etalons MARTIN BOUGH

マーティンボロは、ディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、青鹿毛の男馬のサラブレッド、それが、マーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒヒ~ン、ブルルルルルルルル!」

フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーン。

ここにある、Haras De Grandcamp(グランカン牧場)に、2017年から種牡馬として繋養生活を送っている、マーティンボロ。

検疫検査での問題の関係から、輸出を断念し、日本で競走馬生活を送らざるを得なかった、マーティンボロは、ディープインパクトを父に持つ産駒では、唯一の遅生まれ産駒です。

ニュージーランドの町名が由来のマーティンボロ(MARTINBOROUGH)は、2009年8月20日にハルーワソングの2009として生まれた、青鹿毛のサラブレッドで、生産者のノーザンファーム(北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地)では、珍しい遅生まれのサラブレッドです。

マーティンボロの生年月日が、2009年8月20日と遅い生まれになったのは、ディープインパクトを父に持つ産駒を南半球を輸出させる実験的な試みの為とされております。

吉田 和美氏の所有馬として、栗東トレーニングセンター・友道康夫厩舎に預託され、牡・7歳の時の2016年に福島競馬場で行われた、福島記念(7着)を最後に現役を引退するまで、マーティンボロは、28戦7勝の成績を残した青鹿毛のサラブレッドです。

この間・中日新聞杯(中京競馬場)・新潟記念(新潟競馬場)と、2つの重賞競走を制覇しています。

2017年1月4日 牡・8歳の青鹿毛のサラブレッドになった、マーティンボロは、フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーンの、Haras De Grandcmap(グランカン牧場)から、新種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請のオファーに応えて、同日付で競走馬登録抹消と同時に、競走馬生活に終止符を打ち引退、その後・鍋掛牧場(栃木県・那須塩原市・野間)に移動して、ここで1月10日まで出国検疫検査を受けたのです。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

(2へ。)


0 件のコメント:

コメントを投稿